MENU

膝の黒ずみが悪化するやってはいけないこと

膝周辺が黒ずんでいては、可愛いミニスカートやワンピースも自信を持って着こなせなくなりますね。
素足をさらす機会も増える夏には、膝の黒ずみも目立ちますから気になっている女性も多いことでしょう。
膝の黒ずみは、普段何気なく行っていることで悪化しているので要注意です。

 

頻繁に膝立ちをするのはNG!

 

膝というのは身体の他の部位と比べて、ダメージを受けやすいです。
にも拘わらず、さまざまな刺激にさらされやすい場所です。
1年中膝がカサついている方がほとんどかと思いますが、これは皮脂腺が少ないからです。
うるおい不足の皮膚はそれだけバリア機能も弱く、外部からの刺激によるダメージもそれだけ大きくなります。
外部からのダメージとなるものに膝立ちがあります。
家の中では素足でいることも多く、畳やカーペット、フローリングの上に膝立ちをして物を取ったり片付けをしたり、お掃除をするシーンも多いですね。
膝立ちすると、膝には上半身の体重が膝1点にかかりますから大きな負担となっています。
膝立ちをすることによる刺激から皮膚を守るために、メラニンが生成されてしまいます。
頻繁に膝立ちをする人は、それだけ生成されるメラニンの量も増えていきます。
メラニンは紫外線に当たることでも生成されますが、このように皮膚への圧迫などの刺激でも生成されます。
メラニンは外部刺激から皮膚を守るために生成されるので仕方のないことです。
通常であれば肌のターンオーバーにより排出されていきます。
しかし、皮脂腺が少なく乾燥しがちな膝はターンオーバーが非常にゆっくりですから、メラニンも排出されにくくメラニンが蓄積されやすいです。
膝立ちをしてダメージが加われば加わるほどに、黒ずみも悪化すると思って良いでしょう。

 

お風呂でこすり洗いをするのもNG!

 

お風呂で膝をこすり洗いするのもNGです。
膝の黒ずみが気になりタオルでゴシゴシと擦って洗っている方もいらっしゃるかも知れませんが、それでは黒ずみはどんどん悪化してしまいます。
先ほども説明したように、膝への外部刺激によりメラニンが生成されて黒ずみになっていきます。
汚れを落とそうとしてこすり洗いをしているかも知れませんが、これが刺激となり黒ずみにつながります。
良かれと思ってしていることが、反対に悪化させてしまっています。
膝の黒ずみは、皮脂などが毛穴に詰まって起こっていることもあります。
皮膚の乾燥や膝への圧迫などのダメージで毛穴が開いたままの状態になるので、皮脂が酸化してしまい黒ずみの原因となります。
このような毛穴の黒ずみケアの場合でも、力任せのこすり洗いでは対処できません。
保湿ケアをして肌を柔軟にしてからピーリングなどを行うのが有効であって、こすり洗いをしても黒ずみは悪化するだけです。
身体を洗うタオルの素材も注意したいですね。
ナイロンなどの化学繊維で出来たボディタオルは、皮膚への刺激も強くなります。
皮膚にやさしい綿や絹などの天然素材で作られたボディタオルがおすすめです。
しっかりと石鹸を泡立てて優しくなでるように洗うくらいで十分に日頃の汚れを落とすことが可能です。
ですので力を入れてこすり洗いをするのは止めてくださいね。

 

脚にぴったりの洋服を着るのもNG!

 

脚がキレイに見えるからとスキニージーンズが流行していますが、このような脚にぴったりとフィットする洋服も膝への摩擦が強くなるのでNGです。
スキニージーンズなどの脚にフィットするパンツを履けば確かに脚がすらっとして見えるのですが、膝への負担を考えれば避けたいところです。
歩くたびに膝と生地がこすれています。
脚の黒ずみは、このような衣類との摩擦も大きな原因となっています。
ぴったりとフィットするパンツを履いて、さらに足を組むなどの習慣があれば負担はより大きくなります。
膝がこすれる動作が度重なることで、皮膚への刺激も大きくなり色素沈着を起こしてしまいます。
膝周辺は皮脂分泌が少なくて、肌のターンオーバーもゆっくりであることを紹介しました。
これは一度色素沈着を起こしたらなかなか改善することが難しいという事でもあります。
おしゃれを楽しむために欠かせないスキニージーンズや脚にフィットするデザインのパンツですが、このように膝への負担が大きいことも知っておいてください。
全く着ないようにするのも寂しいですから、回数を少なくしてあまり膝を組まない様に気を付けるなどして負担を軽くしていきましょう。

 

無防備に紫外線にさらすのもNG!

 

素足のまま無防備に紫外線にさらすのもNGです。
日傘をさしても帽子をかぶってUV対策をしても、スカートを履いていると膝には紫外線が当たっています。
膝の黒ずみが悪化する理由の大半は、膝への圧迫や摩擦、乾燥などですが、紫外線も無視できません。
皆さんご存知のように紫外線に当たるとメラニンが生成されてシミやくすみとなります。
膝は紫外線からの影響を受けにくいパーツではあるものの、紫外線がサンサンと降り注ぐ季節には膝もUVクリームを塗りお手入れするようにしましょう。

 

膝の黒ずみを悪化させる行動を何気なく行っていないでしょうか。
膝は刺激に弱いパーツながらも酷使されやすいので、普段から気を付けてくださいね。