MENU

黒ずみとメラニンの関係

膝の黒ずみとメラニンには深い関わりがあります。
メラニンと言えば、顔のシミや日焼けの原因となるもので、美肌を保ちたい女性にとっては大敵となりますね。
ここでは黒ずみとメラニンの関係や、メラニンの働きについて詳しくご紹介しますので参考にしてください。

 

メラニンってそもそも何?どんな働きがあるの?

 

メラニンはシミや日焼けの原因となるもので、多くの女性はメラニンに対して良いイメージは持っていないかと思います。
メラニンはメラニン色素とも呼ばれ、人間だけでなくあらゆる動物や植物、また菌類の一部に形成される色素です。
肌の色や髪の毛の色は、人種によってかなり違いがありますし、また同じ人種でも一人ひとり違いが見られますね。
これは体内で生成されるメラニンの種類が異なっているからです。
体内で形成されるメラニンの違いが、肌の色や髪の毛の色、目の色などに違いをもたらしています。
メラニンには、ユーメラニンとも呼ばれる黒色メラニンと、フェオメラニンとも呼ばれる肌色メラニンの2種類あります。
黒色メラニンと肌色メラニンの量の割合が人種によって、また1人ひとり違うために肌や髪の毛、目の色に違いが出てきます。
黒色メラニンの割合が多い人ほど肌や髪の毛、目の色が黒く濃い色になります。
女性にとって美肌の大敵となるメラニンですが、実はメラニンには皮膚を紫外線から保護してくれるという、とても大切な役割を持っています。
皮膚の一番表面、外側には表皮と呼ばれる、厚さ0.2ミリほどの非常に薄い膜があります。
外部からの異物が侵入しないように、また肌内部の水分が蒸発するのを防ぐためのバリア機能としての働きがあります。
この表皮の一番底の層にあたる基底層には、メラノサイトと呼ばれている細胞があります。
メラニンは、このメラノサイトで生成されています。
紫外線などの外部からの刺激を受けると、メラノサイトでは皮膚を保護するためにメラニンを作り出します。
メラニン色素を含んだ表皮細胞がバリア機能の役割を果たし、紫外線などの外部刺激による影響を肌細胞が受けないように働きます。
このようなバリア機能がなければ、紫外線が直接細胞にまで進入して、DNAを破壊したり皮膚がんなどを発生させてしまいます。

メラニンにはこのように肌細胞を守るためのとても大切な働きがあり、また肌や身体を健康に保つためには欠かせないものなのです。

 

黒ずみとメラニンの関係は?

 

メラニン色素が生成されるとすぐにシミや黒ずみになってしまうわけではありません。
紫外線などの外部刺激を受けてメラノサイトでメラニンが生成されても、通常は肌の生まれかわり=ターンオーバーにより排出されていくようになっています。
しかしあまりにも多くの刺激を受けてしまうと、それだけ多くのメラニンが生成されます。
通常のターンオーバーでは追い付かずに排出しきれないものが出てきます。
これが皮膚に蓄積されてしまうと色素沈着を起こしてしまい、シミや黒ずみとなるのです。
シミや黒ずみが発生するのは、たくさんの刺激を受けることだけが原因ではありません。
ターンオーバーが何かしらの原因で乱れしまいゆっくりになると、メラニンの排出が遅れてしまい皮膚に蓄積されて色素沈着を起こします。
肌のターンオーバーは、年齢を重ねるごとに乱れがちになります。
肌の生まれかわりがゆっくりになります。
若い頃には紫外線に少しくらい当たってもシミなどできなかったのが、年齢を重ねるごとにシミができやすくなるのです。

 

紫外線と摩擦によってメラニンが生成!

 

膝の黒ずみもメラニンと大きな関係があります。
メラニンは、外部からの刺激を受けることによりメラノサイトで生成されると説明しましたが、この外部刺激というのは紫外線だけではありません。
摩擦や圧迫などの刺激を受けることでも、メラノサイトでは刺激を受けたと察知されてメラニンを作り出します。
膝が黒ずんでしまうのは、紫外線を受けることも影響していますが、それよりも摩擦による影響が大きいです。
メラニンが生成されたとしても、肌のターンオーバーで排出されれば問題ないのです。
しかし膝という部位は、年齢に関係なくターンオーバーがゆっくりなのでメラニンも排出されにくいです。
乾燥しがちな膝は肌の生まれかわりもゆっくりなので、どうしても生成されたメラニンがそのまま色素沈着を起こし黒ずみとなりやすいです。

 

膝の黒ずみ対策はメラニンを意識して!

 

膝の黒ずみ対策は、メラニンを意識することが大切です。
メラニン生成を予防すると同時に、肌のターンオーバーを活性化することが大切になってきます。
膝は身体の他の部位よりも皮脂の分泌量も毛穴も少なくて角質層も分厚いという、非常に乾燥しやすい状態にあります。
もともと皮脂量が少なく乾燥しやすい上に、角質層が分厚いのでうるおいも浸透しにくいという困った性質が膝にはあります。
さらに膝は、ズボンやストッキング、タイツなどからの摩擦による刺激を受けやすく、膝をつくなどで圧迫されるといった刺激も受けやすい部位です。
一度発生したメラニンは排出されにくい部位です。
外部からの刺激を極力防ぐと同時に、ターンオーバーを活性化するための保湿などのお手入れが必要になってきます。

 

黒ずみとメラニンはこのように密接な関係があります。
膝は、メラニンが発生しやすくまた排出されにくい困った場所なので、こまめな予防対策とお手入れが大切です。