MENU

メラニンの生成を抑えるためには

外部刺激から肌を守ってくれるという大切な働きがあるメラニンですが、過剰に生成された場合は色素沈着を起こし厄介なシミとなって残ります。
美肌の大敵となるメラニンですが、生成を抑えることはできるのでしょうか。

 

紫外線や摩擦などの外部刺激を減らす!

 

透き通るようなシミひとつない肌は女性の憧れですが、年齢を重ねるごとに年々シミやくすみなどの肌トラブルが増えてきますね。
太陽の日差しに含まれている紫外線は、私たちの肌細胞を破壊するほどの威力を持つものですが、それも皮膚にあるバリア機能があることで健康な肌が保たれています。
メラニンは、肌細胞に含まれてるバリア機能を持つ成分で、紫外線などの外部刺激を受けるとメラノサイトという細胞がそれを察知します。
メラノサイトは、肌細胞に悪影響を及ぼす刺激を受けると、バリア機能を持つメラニン色素を生成します。
メラニン色素とメラニンは同じもので、メラニンが生成されただけではすぐにシミとなってしまうことはありません。
過剰に生成されることが問題です。
紫外線などの外部刺激から肌細胞を守るという重要な働きを持つメラニンですから、シミの原因にはなりますが、なくてはならないものです。
メラニンの生成自体を抑えることはできませんが、メラニンが生成されないように予防をすることはできます。
外部刺激によりメラノサイトからメラニンが生成されるので、そもそもの原因となっている外部刺激が肌に加わらないようにすれば良いのです。
外部刺激というのは紫外線だけではありません。
皮膚に摩擦や圧迫が加わることが大きな刺激となります。
膝やデリケートゾーン、脇などの紫外線があまり当たらないような部位が黒ずみなどを起こすのは、摩擦などの刺激が何度も加わっているためにメラニンが過剰に生成されているからです。
メラニンの過剰生成により色素沈着が起こってできるのがシミや黒ずみです。
根本的な原因となっている紫外線や摩擦などの外部刺激を減らすことで、メラニン生成も減らすことができます。

 

ターンオーバーを活性化する!

 

メラニンが生成されても、必ずしもシミや黒ずみにはならないことは先ほども紹介しました。
その理由は、肌は毎日少しずつ生まれ変わっているからです。
ターンオーバーと言われる肌の新陣代謝によって古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わります。
メラニン色素を含む肌細胞もこの働きで次第に排出されていくのです。
ですからターンオーバーが正しく機能していれば、メラニンが生成されてもシミや黒ずみは発生しません。
しかし、ターンオーバーが追いつかないほどに過剰に生成された場合は色素沈着を起こします。
また加齢による問題や身体の部位にもる問題もあります。
年齢とともにターンオーバーは遅くなるために、色素沈着を起こしやすくなります。
また、乾燥しがちな膝などはターンオーバーがゆっくりなので色素沈着しやすいです。
ですから、メラニンが色素沈着しないようにするためにはターンオーバーを活性化することも大切です。
加齢だけでなく、運動不足や睡眠不足、喫煙やお酒の飲みすぎ、ストレスなどがターンオーバーを乱す原因となります。
これらの原因を取り除くように心がけることも大切です。
さらに、肌の乾燥もターンオーバーを乱す原因となるので、肌がカサつきやすい部位は特に保湿ケアを心がけることが大切です。

 

ビタミンCなどの美白成分配合の化粧品でお手入れ!

 

メラニンの生成を抑制するためには、ビタミンCなどの美白成分が配合されたスキンケア化粧品を使ったお手入れもおすすめです。
水溶性であるビタミンCは、不安定で肌への吸収率も悪いです。
最近ではビタミンCを安定化させて、角質層への浸透も良くしたビタミンC誘導体という成分が化粧品には良く配合されています。
このビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑える働きがあるほか、生成されたメラニンを還元してくれるという嬉しい働きもあります。
さらに細胞を活性化して、ターンオーバーを正常にしてくれる作用もあります。
ビタミンCは、まさに美白・美肌には欠かせない成分なのです。
美白作用のある成分には他に、プラセンタエキスやアルブチン、ハイドロキノン、コウジ酸などがあります。
化粧品から補給しても良いですし、サプリメントで身体の内側から補給するのも良いでしょう。

 

メラニン抑制作用のある食べ物も!

 

メラニンの生成を抑制して、美白作用が期待される成分は、サプリだけでなく身近な食べ物からでも補給できます。
ビタミンCやビタミンEは優れた抗酸化作用がありますが、紫外線を大量に浴びた後には活性酸素が大量に発生するので効果的です。
美白や抗酸化作用のある成分を積極的に摂ることで、メラニンを抑制でき透明感のある美肌を保つことができます。
ビタミンCはレモンやオレンジなどの柑橘類の他、トマトやアセロラなどに豊富に含まれています。
ビタミンEはナッツ類やアボガドなどに豊富です。
Lシステインもメラニン生成を抑制してくれる作用がありますが、これは大豆や小麦胚芽などに豊富に含まれています。
ポリフェノールの一種のエラグ酸にもメラニン抑制作用があり、これはベリー系のフルーツやザクロに豊富に含まれています。

 

メラニンの生成を抑えるためには、いろいろな角度からのアプローチが大切です。
何よりもメラニンを過剰に生成しないことが大切で、メラニン抑制作用のある成分なども賢く利用しましょう。